桧原のクリニック

Clinic in Hibaru / 2011 /

交通量の多い交差点に位置する歯科医院の計画。環境に恵まれているとはいえない場所で、静かでうちに秘めた建築をつくりたかった。設計依頼時から、歯科医師であるクライアントには内部のゾーニング構想があり、必要面積を算出すると1階パブリック空間が40坪なのに対し、2階プライベート空間は10坪であった。その他様々な与条件から、1階平面は歪んだ矩形で、錯覚を覚えるパースペクティブの形状となり、2階は矩形の対角を結ぶよう中央に配置し、前・後庭(抜け)をもつ空間をつくることとなった。また、クライアントの目指す地域に根ざした歯科医療の場に相応しい、シンボリック性も意識した。

Project of a dental clinic located to a busy traffic intersection. In such a place without great circumstances, wanted to make an architectural structure having some potentials inside. From the beginning, the client who is a dentist had a vision of the floor plan, and required living space for the 2nd floor was only 30 square meters while requested public space on the first floor was 130 square meters. Due to these giving conditions, the shape of the 1st floor became distorted rectangular with bit of strange perspective. And the 2nd floor created space with front yard and back yard as the result of locating the room in the center of the diagonal line connecting the corners of distorted shape of the 1st floor. Also, created the atmosphere as the symbol of ideal local dental clinic that is community-based the client is aiming for.










Photo : Hiroshi Mizusaki


概要

設計 : 下川 徹 (担当 / 久冨太一)
設備 : シード設計社 (担当 / 鶴澄)
施工 : 藤匠住宅 (担当 / 城戸孝史)

所在地 : 福岡県福岡市
用途 : 歯科医院
主体構造 : 木造
規模 : 地上2階
建築面積 126.10㎡
延床面積 162.35㎡
設計期間 2010年6月~2011年2月
工事期間 2011年3月~2011年7月


提案模型